脂肪溶解注射によるダイエットは、一見気楽に行なえるダイエット方法になります。

 

痩せたい部分に注射して、脂肪が融解して尿や便として外に出されるという流れになります。

皮下脂肪を運動や食事制限によって減らすのではなく脂肪溶解注射で行うのですが、副作用として内出血や鈍い痛み、むくみなどが数日から一週程度発生する事もあり、程度の差は個人によって変わりますが、経験豊富なクリニックにて行った方が安全です。

 

脂肪吸引の場合は体に傷をつけて脂肪を吸引する事により、効果は絶大ですが感染症等の可能性もあり、場合によっては非常にリスキーな施術になります。

脂肪溶解注射は脂肪を減らしたい箇所に注射を打つという簡単な方法ですが、体質等によってはトラブルが起こりやすいですから、医師と相談しながら行って行くと良いです。

 

注射を打った後は水分補給を1日に2リットル程行うと効率良く脂肪を排出する事が出来ますし、1度に行える範囲は小さくなりがちで、注射1回だけで劇的な効果を発揮するわけではなく、何度か通いながら継続的に行うものです。

 

1度に注射注入する量は3本程度までとされており、同じ箇所には2.3週間程空けてながら3回から5回程注射を行う事が一般的になります。

 

違う箇所を行う場合は3日程空ける事で施術を受ける事も出来ます。

副作用に気を付けながら簡単に行なえる脂肪除去方法であり、リバウンドも少ない方法というメリットがあります。

新規コメントの書き込み